旅人ハルキ

高校卒業式の次の日からヒッチハイクで日本一周へ出発。2年間の放浪旅。世界中を旅する旅人に憧れた少年の旅日記です。

−旅に出て起きた心境の変化−チャレンジと成長。

高校2年生の時、【人生初の歩き旅】に出てから、日本一周を志しました。それから準備とは別に、色んな事にチャレンジしました。 f:id:journeyharuki:20170706001103p:imageキューバダイビングをやったり、

f:id:journeyharuki:20170704005230j:imageスカイダイビングをやったり、

f:id:journeyharuki:20170706001244j:image登山も始めました。

  初めて旅に出てから、自分の中で、何かが確実に変わりました。

一番大きかったのは、旅の1日と日常の1日を比較できるようになったからだと思います。

  • 初めて旅に出た2日間は、学校で過ごす1ヶ月間よりも長く、濃かった。
  •  普段の1ヶ月間なんてほぼ覚えてないのに、この2日間は一生覚えている。

「同じ時間生きてるのに覚えてないのはもったいないな」と思いました。

自分の中に、やりたい!と思う気持ちがあり、その次に不安に思う気持ちがある。そんなやりたい事が沢山ありました。それにチャレンジしてみる事にしました。f:id:journeyharuki:20170706004038p:image

チャレンジをした後にいる、少し成長した自分にワクワクしていました。

[毎日ダラダラと過ごす普通の高校生]は一つの旅で着々と変わっていきました。

そして高校3年生のGWを使って、5日間、また旅に出ました。今度はヒッチハイクにチャレンジしました。それは次回の記事で👍