旅人ハルキ

高校2年生の時に見た1本の映画をキッカケに家を飛び出し、ヒッチハイクで日本を一周。そのまま海外にも飛び出し世界を周る放浪旅へ。

やりたいコトの見つけ方。~登りたい山の見つけ方~



僕は旅をしてきた中で、
人生に対して様々な捉え方をしてきました。



特に山登りを始めてからは、なんでも
山に例えるようになっていました(笑)



人生も、恋愛も、行動の仕方や心境など、
あらゆるものを登山で例えることができます。



今日は一つ、
やりたいことの見つけ方。~登りたい山の見つけ方~
を僕なりの価値観で書き残しておこうと思います。



敷かれたレールの上を
ただ歩いている時は
何も考えなくてもコトは進んでいきます。


ですが自分で人生を切り開いて行こうと決めてから
自らの道を自分で作っていく作業が始まりました。



始めの頃は
どの方向に、どんな道を作ったらいいのか
またどこを目指したらいいのか。


全てが分からなくなりました。


全てが自由だったんです。




毎日迷子になりました。

いつの間にかジャングルに迷い込んでいました。




孫正義さんは、
「登りたい山を決める事、それで人生の半分が決まる」
そう言っていました。


そして彼は人生50年計画を立てました。




ですが僕には"山"が見えませんでした。

まるで終わりの無いマラソンを走っているようでした。




最初はほんと手探り、なんとなく

こっちに行ってみよう。あっちに行ってみよう。



その先に登りたい山があるかなんて知らない。


とにかく動き続けました。




そしてだんだんと分かってきました。



僕は生い茂った視界の悪いジャングルではなく

沢山の小さな丘の上にいました。




僕は
「この山を登りなさい、山頂まではベルトコンベヤーがついてるよ。

目立たないようにしていれば落とされず、安全に山頂までいけるよ。」



という道を飛び出してから、

自分の登りたい山に登り続けてきました。




最初の山はとても小さかった。


それは小さな丘でした。

だから気が付きませんでした。





それから僕は一見変わり栄えの無い小さな丘を
一つ一つ、右へ左へと、登り続けました。




そしてだんだんと、登る丘が大きくなっていきました。





そしてついに、
山頂をハッキリ確認できる山に行き着いたのです。




あの山に登ってみたい。

すごくワクワクする!




遂に山頂を見据えました。



それが目標です。





やっと分かりやすい山頂が見えました。


ですが振り返ってみると
やっていることは何も変わっていません。



まだ出会ってないだけかも知れません。


ある程度高い山に登らないと、
更に高い山は見えてきません。


見渡すことも出来ません。




まずは動いてみましょう。


なんとなく決めた方向でいい。


その先にどんな山があるか分からなくてもいい。




自分の個性がハッキリしてくれば、

自分の個性にぴったりの山が見えてくるから。



自分だけの、面白い山が見えてくるから。




誰にでも登りたい山を見つけることは出来ます。




まずは目の前の、なんの変哲もない

小さな丘を登ってみて下さい。



今は見えていない

新しい景色が見えてくるから。