旅人ハルキ

高校2年生の時に見た1本の映画をキッカケに家を飛び出し、ヒッチハイクで日本を一周。そのまま海外にも飛び出し自由気ままな放浪旅へ。

400㎞突破!ゴールが見えてきた。

‐前回の記事

journeyharuki.hateblo.jp

 

第6話~逞しさ~

旅の終わりが見え始めたからか、

足取りも軽く朝から快調な歩き出しだ。

 

昔の旅人たちに思いを馳せながら、

順調に東海道を歩いていく。

昔の旅人はこんな格好をしていたんだなぁ。

 

f:id:journeyharuki:20190410145701j:plain

3日目から痛み出した足も、

10日も過ぎればいつしか気にならなくなっていた。

体の適応力はすごい。

 

もう山越えも野宿もなんのその。

 

危ない夜も何度かあった。

その日は公園か河原で寝る事で迷って

公園で寝ることにした。

 

公園の大きな木の下でテントを張って寝ていると、

夜中に凄まじい雷の音で起きた。

強風と大雨でテントは浸水。

飛ばされないように抑えるほどだった。

雷が凄かったで、もし木に落ちたら危ない

と思いながらも疲れて眠ってしまった。

 

朝、川沿いを歩くと、

昨日寝るはずだった場所は水の中だった。

選択を間違えば大惨事だったかもしれない。

 

またある日、大雨の夜大通り沿いを歩いていると、気が付かない間に歩行者進入禁止のバイパスに入っていた。

 

だんだん歩道が無くなり

縁石の上を歩いて進んでいると、

気づいた頃には高速道路のようなスピードで走る

トラックが横数十㎝を通過していた。

 

真ん中を歩いていたので、前からも後ろからも

大型トラックが猛スピードで突進してくる。

大雨も降っていたので、

リアルスプラッシュマウンテン状態だった。

 

隙を見て道路を横断。

山の斜面から下道に脱出した。

 

 

丸い日食料調達が出来なくても

雨でも嵐でも

僕らは野を越え山を越え

毎日3040を歩き続け

気づけば400を突破しようとしていた。

f:id:journeyharuki:20190410145731j:plain

f:id:journeyharuki:20190410145806j:plain

愛知、三重をさっと越え、

滋賀県に差し掛かっていた。

 

霧に満ちた壁みたいな山々が立ちはだかる。

あの山の向こうにかつて忍者の里、甲賀はあった。

忍者が出てきても不思議ではない雰囲気があった。

ここから登山道のような道になる。

f:id:journeyharuki:20190410145840j:plain

山の中は車道沿いを歩けない道が多いため、

何度も道を間違えては引き返し

山を登っては降り

なんとか日が暮れる前に甲賀に突入した。

f:id:journeyharuki:20190410145906j:plain

忍者村と書いてある看板が何度か出てきたが、

あいにく立ち寄る気はさらさら無い。

写真すら撮らずに通り過ぎていった。

 

 

f:id:journeyharuki:20190410145931j:plain

甲賀の山の中にて。すでに400を歩いてきてる

彼の後姿は忍者さながら逞しくなっていた。

果てしなく思えた旅も終わりが見えてきた。

 

次は琵琶湖を目指して歩く。