旅人ハルキ

高校2年生の時に見た1本の映画をキッカケに家を飛び出し、ヒッチハイクで日本を一周。そのまま海外にも飛び出し自由気ままな放浪旅へ。

愛知県に突入。歩行距離300㎞を突破!

 

‐前回の記事‐

journeyharuki.hateblo.jp

 第5話~癒しと苦痛~

 

東海道に入ってから昔の雰囲気が残るいい街並みが増えてきた。

こうゆう町並みは歩いてるだけで楽しい。

自然と会話も弾む。

 

昨日柔らかい砂浜で寝たからか、気持ち的にも身体的にも回復した。

朝から快調な歩き出しだ。

 

今日は天気がいい。

海沿いの古い街並みを見ながら東海道を歩く。

f:id:journeyharuki:20190408104651j:plain

 

 目の前の山が現れては消え、

消えては現れる。

一日の始まりに遠くに見える山が、

気づいたら目の前にあり、

夕方には後ろにある。

そしてまた次の山が見える。

あんなに遠くの山越えられるのかよ、

と2人で話していても、

夜には越えている。

そんな一日を繰り返していた。

―当時の日記。詩人風に。

f:id:journeyharuki:20190408105117j:plain

 そろそろ静岡県を越える。

東西に長いから時間がかかった。

その先は愛知県だ。

 

名古屋に着いたら温泉に入ろうと2人で決めていた。

それを楽しみに歩く。

後一つ山を越えたら名古屋だ!

f:id:journeyharuki:20190408105720j:plain

海と山の気持ちがいい道を歩く。

大通り沿いは退屈だが楽でいい。

 

突然歩道がなくなり、歩行者が通れなくなる道はよくある。

そんな時は脇道を探さなきゃいけない。

 

何度も行ったり来たりを繰り返す。

山道は楽しいが疲れる。

f:id:journeyharuki:20190408111325j:plain

 気が付くとだいぶ上の方まで登っていた。

下を走るのが国道1号線と東名高速道路だ。

 

何百㎞も歩いて来てるが、

今日は登山の一日になりそうだ。

 

いくつもの名も無き山を登頂しながら、

ゴールである大阪を目指した。

 

異彩を放つ鳥居

朝から入った山を抜けて

開けた街が見えた頃にはお昼を過ぎていた。

どこか飯が食える場所があるか探しながら、

再び国道1号線沿いを歩いていた。

 

すると右側の道の奥に、ちらっと鳥居が見えた。

とくに観光にも興味が無いしお腹も減っていたので、

真っ直ぐ通り過ぎた。

 

だが無性に気になってしまい、

ちょっとだけ見てみようと次の角を曲がり、

鳥居の方に進みだした。

 

その辺り一帯が森になっていた。

 

近づくにつれて周りが木に囲まれていき、

先ほどまでの街の雰囲気から変わっていった。

登山でベタ付いた体が涼しく癒されていった。

f:id:journeyharuki:20190408112411j:plain

 

愛知県、熱田神宮に到着。

 

f:id:journeyharuki:20190408105241j:plain

 

鳥居をくぐった瞬間、空気が一変した。

山とは違う自然の美しさがそこにはあった。

 

とても神秘的な場所だった。

 

歴代の数々の有名な殿様たちも訪れていた記録があった。あの織田信長も。

ここにある歴史の長さを感じながら、

しばらく休憩をとった。

 

念願の、温泉に入った。

熱田神宮を後にして、さっそく温泉を探した。

ネットで近くにいい感じの温泉が出てきたので、そこに向かうことにした。

ずっとウキウキしていた。

 

それまでは寒い中公園の水道で水浴びをする毎日。

そして疲れ果てて寝る野宿。

だから温泉に入ったときは天国でした。

実に10日ぶりのお湯。

温かい。

 

体が芯から温まった。

この旅最初で最後の温泉。最高でした。

 

 

そして旅も折り返し地点、

気が付けばすでに300を歩いていた。

ゴールまで後200!ついに半分を越えた。

 

温泉を出た時、とても体が軽く感じた。

気持ちもスッキリした。

そして今日の寝床を探して温泉を後にした。

今日は川沿いで野宿。

温泉上がりの野宿。

また少し気が重くなった。

「ベッドで寝たい。。」

つい弱音が出てしまう。

そして今日も当たり前のように空の下で眠った。

 

f:id:journeyharuki:20190407190858j:plain