旅人ハルキ

高校2年生の時に見た1本の映画をキッカケに家を飛び出し、ヒッチハイクで日本を一周。そのまま海外にも飛び出し自由気ままな放浪旅へ。

大阪に向けて出発−長い旅の始まり

‐前回の記事‐ 

journeyharuki.hateblo.jp

第2話 ~出発~

出発の朝。近所のスーパーに集合して、コーヒーで一息。思いつく荷物、テントを担いだら、二人ともバックはなかなかの重さになった。とりあえず南に向かって海に出て、そこからはひたすら西だな!とざっくりした作戦会議を済ませ、

よし!行くか」近所に買い物に行くかのようなノリで歩き出した

f:id:journeyharuki:20190403165741j:plain

とりあえず今日の目標は神奈川県に入ること暗くなる前に何とか寝れそうな場所を探してテントを張ろう。」

さすがに初日、2人で色んな会話をしながら「これから大阪まで歩くんですよ!」なんて通りすがりの人に自慢するほどの元気もあった。特にこれといった発見もなく、楽しく会話しながら歩いていると、あっという間に30突破。そして神奈川県に突入した。このぐらいの距離は慣れている。足の疲れはそれほどない

f:id:journeyharuki:20190403165910j:plain

夕方になりそろそろこの旅最初の寝床探し。テントの張れる公園を探した。結構大きめの広場を見つけたので、そこに入っていった。しばらく休憩してみたが、人通りが多い。それもそのはず、そこは沢山のマンションの中心にある広場だった。マンションにお住いの方が全員ここを通って帰っていく。これは寝づらい。でももー気持ちは完全に寝るモード。「朝早くに出発するので一晩だけお邪魔します。」と隅っこにテントを張った。

明らかに怪しい。「どうか通報しないで下さい。」と祈りながら初日の夜は過ごした。

ちょっとビクビクしていたが、付かれていたのかぐっすり眠っていた。

翌朝、目が覚めると7時を過ぎていた。もうサラリーマンたちはここを通って不思議そうに僕たちのテントを見つめながら出勤していったことだろう。

お邪魔しました。テントをささっと片づけてまた歩き出した。 続く。

f:id:journeyharuki:20190403170015j:plain