旅人ハルキ

嶋津晴暉。高校2年生の時に見た1本の映画をキッカケに家を飛び出し、ヒッチハイクで日本を一周。そのまま海外も含めて3年間ほど放浪旅へ。世界中を旅する旅人に憧れ、世界中の景色が見たくて、世界中の山に登りたくて、色んな人に会いたくて、今日も生きてます。そんな旅日記。

東京から大阪まで500㎞の歩き旅

たしかあれはまだ肌寒い5月ぐらいのことだったと思う。日中は暖かいけど夜寝るときは寒くて眠れない日があったのを覚えている。これは題名の通り、東京都あきる野市を出発して、大阪まで約500の道のりを歩いた時の話である。ただのへなちょこ冒険記だけど、当時19歳の僕からしたら自分の殻を何枚も破った大きな旅だった。

 

f:id:journeyharuki:20181031214028j:plain

キッカケは特にない。16歳の時、たまたま見た旅の映画に触発されて、初めての歩き旅に出た。その時は地元あきる野市から江の島まで70の道のりだった。これがまた最高に楽しかった。当時の僕は"人ってこんなに歩けるんだ!!"って思うぐらい感動していた。今じゃ歩いて日本一周どころか、人力車まで引いて世界一周している友達さえいる。

 

f:id:journeyharuki:20181031214116j:plain

この旅から繋がって、17歳の真冬に千葉県鋸山まで、100を歩いて登山をした。シンプルに自分の限界が知りたかった。ちなみにこの千葉の歩き旅を一緒に行った友達は帰宅後、病院で2週間のドクターストップを告げられた。「膝に爆弾を抱えちまった。」なんて笑っていた。

こんな旅を繰り返して、(俺の足はまだ歩けるようだ。)と思い、今回の大阪までの歩き旅を思いついた。もともと大阪には行く予定があんたんだけど、普通に行っても面白くないから、なんなら歩こう!と思ったのがこの旅の始まりだ。

f:id:journeyharuki:20181031214245j:plain

一人で歩くのは退屈だから誰かいないか探していた。そこで地元の仲間が集まった時にこの旅の話をしてみた。「俺、参勤交代してくる。」

「あほだな~、何言ってんだよ。てか参勤交代って逆じゃね?」と、ほとんどの仲間が馬鹿にしてくる中、一人だけ「面白そう!」と言ってくれた。「よし。いきましょう!」

ということで大阪まで歩いて二人旅が始まった。