旅人ハルキ

嶋津晴暉。高校卒業式の次の日からヒッチハイクで日本一周へ出発。2年間の放浪旅。世界中を旅する旅人に憧れた少年の旅日記です。

『旅を続けて』

・最初は一人だった。周りに旅人なんていなかったし、そんな存在すら知らなかった。でも進み続けたら少しづつ繋がっていって、世界一周経験者や海外放浪者たちが集まってきた。気が付けば周りには俺よりも遥かにぶっ飛んだ旅人たちが沢山いた。少し前までこんな人達がいるなんて知らなかった。やはり似た仲間が集まる。

f:id:journeyharuki:20171007233051j:imagef:id:journeyharuki:20171007233020j:image

周りに一人もいなかった〖旅人〗という肩書を貫いて。
ハルキ君は今何やってるの?という質問には必ず
「旅人やってます!」と言い続けた。そして二年間放浪した。気が付くと周りには旅人が沢山いた。

f:id:journeyharuki:20171007232526j:image

f:id:journeyharuki:20171007233425j:image

初めて海外に出て

・日本人はよく肩書きを気にする。何大学卒業、何会社の社員、英検何級、沢山の資格。沢山の肩書きを背負って、名刺に固く書いている。だが海外に出ると何も関係ない。何大学を出てようが、一流企業に勤めていようが、どんな資格を持っていようが関係ない。

大事なのは人間力なのだ。言葉も通じない、町にある文字は全て読めない。文化や常識も違う。そんな環境の中で、偉いも何も無い。目の前の言葉も通じない人に笑いかけて、ジェスチャーでコミュニケーションを取る。何とか宿を見つけたり、道を聞いたり。普段当たり前にしている買い物や、電車に乗るのも一苦労。どのバスがどこに行くかも分からない。

そんな環境で大事だったのはシンプルな、(人として)という原点だった。笑顔で話すこと、一緒に笑うこと、一緒に食べること、相手の目を見ること、相手を大切にすること、言葉ではなく心の部分で。そうすると、言葉は全く分からないけど、すごく仲良くなって、別れの時に涙してくれる人もいた。これは日本にいても大切だなと感じた。この、(人として)の部分を大切にしていきたい。f:id:journeyharuki:20171007232446j:image