旅人ハルキ

嶋津晴暉。高校卒業式の次の日からヒッチハイクで日本一周へ出発。2年間の放浪旅。世界中を旅する旅人に憧れた少年の旅日記です。

『旅に出て』

・旅は、自由でした。どこに行くのかも、どの道を歩くのかも自分次第。360度全部"道"。だから何が起きても自分次第。頼るものも無い、責任も自分。どこまでも自由で、ムカつくほど自分次第でした。f:id:journeyharuki:20171007025255j:image


・普段あるはずのものが無い。

初めて日本一周に出たときは野宿生活でした。あるはずの壁が無い、屋根が無い。高校生の時は当たり前にあったご飯が無い。全部自分でやらなきゃいけない。当たり前の大切さを感じました。f:id:journeyharuki:20171007025420j:image

・本当の自分。

旅をし始めた頃、よく〚いつもとは違う自分がいる〛ということを感じていた。日常と非日常があり、非日常を知るから日常を知れる。もしかしたら、普段の自分は〖周りの人や環境に合わせていた、作っていた自分〗だったのかも知れない。そして今旅に出ている。普段と変わった部分と変わらない部分がある。〖変わった部分〗は(環境によって作られていた自分)で、〖変わらない部分〗は(本当の自分)なのかもしれない。

f:id:journeyharuki:20171007025947j:image


・外見ばかりを気にする人が沢山いる。ブランド物で着飾って、周りにイケてる人を置いて、見え張っていつも綺麗に見せてる。〖大好きな自分をオシャレに飾る〗のとはまた違う。外ばかり気にしてないで、一度素っ裸になって自分を見つめてみよう。(本当の自分)になろう。外ばかり飾るのではなく、しっかりと中身の詰まった、人間になりたい。f:id:journeyharuki:20171007025811j:image

どこまで行こうか。何をしようか。気の向くままに進む。それはとても自由で、とても辛く、寂しく。とても刺激的で、幸せで。温かい。
自分を変えてくれる、成長させてくれる。本気で生きてるって感じる。そんな旅。

-二年前の日記より-

f:id:journeyharuki:20171007025458j:image f:id:journeyharuki:20171007025937j:imagef:id:journeyharuki:20171007030302j:image