旅人ハルキ

高校卒業式の次の日からヒッチハイクで日本一周へ出発。2年間の放浪旅。世界中を旅する旅人に憧れた少年の旅日記です。

−ヒッチハイク日本一周−不安がワクワクに変わった瞬間、今だから分かること

「日本一周へ出るとか、怖くないの?不安じゃない?」とよく聞かれ、当時の俺は『全然!』と答えていました。

ですが今なら言えますが、正直、怖かったです。笑

3月の冬空の中、お金も寝るところもなく、鹿児島へ向けてヒッチハイクを始め、どこに何県があるのかも知らず、いつ辿り着くのか、いつ帰れるのか、というか無事に着くのか。と不安にならない訳がないです!笑

そんな弱っちい俺でも、日本一周を完結出来ました。

それは不安を消し飛ぶ出来事があったからです

ヒッチハイク日本一周に出て3日目、俺は名古屋城にいました。f:id:journeyharuki:20170803014432j:image

そこまで乗せて来てくれた人と一緒にお城を観光しました。そして夕方になり別れの時が来て、また一人になりました。

今日も寝るところがないなぁ、寒さに耐えられる自信がない、。

不安になりながら、とりあえず公園に行くと、

そこで自転車で何やらパフォーマンスをしてる人が。

話を聞いてみると、彼は自転車パフォーマンスの日本チャンピオンでした。

詳しい競技は覚えてませんが、彼とこんな話をしました。

『旅をしてて両親は心配しないの?』

「両親の反対を押し切って出て来ました。でも3日間も寒すぎて寝れず、お腹も減って、辛すぎて、なんの罰ゲームだよって感じです。」

そしたら彼は話してくれました。

『俺は就職をしないで、自転車パフォーマンスの技術を極めたいって言った時、両親には凄く反対されたし、友達には馬鹿にされた。』

『でも俺は今自転車パフォーマンスをやってる。もちろん辛いことだって多いけど、まぁ、何があっても自分が決めた道だからな!

何があっても自分が決めた道だから、、そうだ!

俺は自分がやりたくて旅に出たのに、いつの間にか誰かのせいにしようとしてた。辛いのは当たり前だ、何があったって自分が決めた道なんだから、自分の責任だ!やるしかない

俺はその事をすっかり忘れていました。この一言に救われました。

そうだ、俺はヒッチハイクで日本一周をするって決めた、何があっても自分が決めた道だ!自分の責任だ!

そう思えた瞬間から、急にワクワクきました!これからどんな人と出会えるんだ?もっと素敵な出会いがあるのかもしれない!どんな景色が見れるんだ!?どんな経験が待ってるんだろう!不安が完全に無くなり、ワクワクに変わりました。

あの時、彼が何気なく言った、

【何があっても自分が決めた道だから】

この一言で全てが変わりました。

言葉の持つ力はすごい、誰かの何気ないたった一言で、人生が変わる事だってある。その言葉を軸に生きて行く人もいる。言葉の持つ力を体験した瞬間でした。

そして、今気づくこと

何か新しいことにチャレンジする時、不安とワクワクはいつも同時にあるもの。そのどちらを見て進んでるかの違いだけ。

日本一周に出てすぐの時は不安なものばかりに目を向けていた。(こうなったらどうしよう、こんな事が起きたらどうしよう。)と心配していました。

ですが、彼の一言をキッカケに世界のワクワクを見るようになりました。(これからどんな景色が見れるのかな、どんな人に出会えるのかな!)とワクワクしていました。

やってる出来事は同じなのに、心境が全く違う

これは、同じものを見ているけど、視点が違うだけです。ワクワクして過ごしていると、楽しい事に敏感になって、楽しいことがたくさん起きます。反対も同じです。

何か新しいことにチャレンジする時、もちろん不安になります。その気持ちは大事だと思います。失敗した時のこともちゃんと考えて、今できる事をやったらいいんです。それでも想像を遥かに超える出来事が起きます。旅ではそんな事がしょっちゅうです。その時はその時、それもまた成長です。

失敗した時の備え、今できる事をやったなら、あとはワクワクする事を考えて、これから起こる出来事を楽しみに待つだけです。

f:id:journeyharuki:20170806003603j:plain