旅人ハルキ

嶋津晴暉。高校卒業式の次の日からヒッチハイクで日本一周へ出発。2年間の放浪旅。世界中を旅する旅人に憧れた少年の旅日記です。

-ヒッチハイク日本一周へ出発-高校卒業

高校卒業式の日。自分の心は完全に日本一周へ向けられていました。

実はこの時には既に、バックパックに荷物を詰め終わっていました。

両親が、「え?本当に行くの?」と心配する中、自分は《当たり前。👍》という感じでした。

卒業式の日、お世話になった先生や友達に、『俺明日から日本一周に行ってくる!また会おうな!』と言いまくりました。

周りの人は皆んな半信半疑だったんでしょうね笑。『嘘でしょ?冗談でしょ?』そんな言葉をよく聞きました。

 

その時の自分は、わざと言いふらす事で自分が逃げられない状況を作っていました。いい意味で追い込んだのです。もう出発しない手はない。これでビビって行かなかったらちょーダサいじゃん。わざとそんな状況にして、弱い自分を奮い立たせました。これは絶大な効果がありました。覚悟を決められました。

そして卒業式の次の日から家を飛び出し、大したお金も持たず、どこに何県があるのかも知らず、3月の冬空の下、寝るところもなく、多くの大人に心配をかけながら、18歳少年のヒッチハイク日本一周の旅が始まりました。f:id:journeyharuki:20170802022419j:image

いろんな世界を見に行きたい!色んな人に出会いたい!いろんな話を聞きたい!いろんな景色が見たい!まさに成長の旅でした。

ーこの時を振り返ってー今思う事

共有するのはいつだって恐いです。自分のやりたい事、本当の気持ちを伝えると、どう思われるのか心配になります。

ですがそれより大切なのは、【自分がどうしたいか】自分が本当にやりたい事なら、周りにどう言われようがやってみる。それで失敗したとしても納得出来ます。

ですが最後まで周りの意見を気にしてやらなかったら、必ず後悔します。

【やった後悔は時間と共に小さくなるが、やらなかった後悔は時間と共に大きくなる。】

【やって見なければ、結局は失敗と同じ。】

自分が尊敬する人の大好きな言葉です。

自分もまだまだですが、いつでも自分の心に正直な選択をしていこうと思います。