旅人ハルキ

嶋津晴暉。高校卒業式の次の日からヒッチハイクで日本一周へ出発。2年間の放浪旅。世界中を旅する旅人に憧れた少年の旅日記です。

高校3年−日本一周前の最終トレーニング−徒歩で100㎞突破!

18歳の2月、高校の卒業式も迫ってきたころ、また旅に出ました。

今回は千葉県、鋸山の地獄覗き!に行きたいと思いました!ただ行っても面白くないので、歩こうと決意。

 

そして地元の集まりで「千葉まで歩いて行ってくる!」と言うと、[俺も行くわ]と1人おかしな人が。

[最近怠けてるから、自分にムチを打ちたい]

『ドMだなこいつ、』まぁ俺も歩くからそんな事言えないけど笑。

〈どーなっても知らないぞ👍〉

そして2月の冬空の中、テントも寝袋も持たず、2人の旅が始まりました。

出発して最初の夜、想像を超える寒さに全く寝られなかった。寝たら死んでしまう、。本当にそんなふうに思うほどの寒さだった。f:id:journeyharuki:20170720234634j:image

歩き続けて2日目の夜、24時までは何とか寝れた!それ以降は寒すぎて凍ってしまうので日が出るまで歩き続ける事に。

そしてなんとか歩き続けて、空が明るくなって来た時、ある異変に気がついた。あれ?バックが凍ってる、、】パリパリになっていました。とんでもない寒さだ。こりゃ寝たら死んでしまうわ。なんとか朝を迎えられた。

f:id:journeyharuki:20170720234626j:image

3日目、体力の限界。昼間に寝て夜を歩き続ける作戦に変更しました。人間ってすぐに環境の変化に対応するから凄い👍洗濯物は公園で洗ってバックに引っ掛けて歩きながら乾かす。2人してホームレスって感じでした。f:id:journeyharuki:20170720234016j:image

3日で横須賀のフェリーターミナルまで歩いて来ました。地図を見たら98Km歩いたことがわかった!

そして友達の足に限界が、。

膝が痛すぎてもう歩けない、膝に爆弾を抱えた。「明日の朝電車で帰る」と言いました。

《わかった、じゃー俺は明日フェリーで千葉に渡る!》

そして朝、何事もなかったように2人で千葉へ上陸。昨日の会話はなんだったのだろうか笑

テレビで見た、行きたかった鋸山を目指して朝から登山開始。手すりに掴まりながらじゃないと歩けないほど疲れていた。気づけば丸3日目まともに寝られてない。そんな疲れてる中、一直線に地獄覗きへ行きたいのに、無駄に展望台に行ってしまったり、登ったり降りたり、気がつけば朝から何も食べない。山で食べ物がなく、腹が減りました。もう限界!!f:id:journeyharuki:20170721000202j:image

そして階段を登った所で、ついに求めていた景色が目の前に現れた!f:id:journeyharuki:20170720235144j:image

千葉県鋸山、地獄覗き!

f:id:journeyharuki:20170721000313j:image

 テレビで見たあの場所に本当に来れた!しかも歩いて!この時の達成感と感動は凄かった。一生忘れません。

 

しばらく余韻に浸ったので、よし帰ろう!

いや、せっかく千葉県に来たのでもう1つ行きたい場所が、

大山千枚田

f:id:journeyharuki:20170721000859j:image冬はライトアップがされてこんな感じに綺麗!

この景色を求めて、歩きながらヒッチハイクを開始しました。そしてある夫婦に出会いました。「こんな所誰も通らないよ!これ以上歩いて山に入ったら凍死しちゃうよ!」

心配してくれて、話をしていると、大山千枚田に連れて行ってくれることに!

そして無事到着!肝心の棚田は!?f:id:journeyharuki:20170721001316j:image

まぁ、綺麗だけど、、。ライトアップは数週間前に終わっていました。笑

f:id:journeyharuki:20170721001530j:image

それでも、ここまで連れて来てくれた方々に感謝!ありがとうございました。その日の夜も、寝るところがない我々をとても心配してくれて、最後まで優しくしてくれた恩、決して忘れません。必ずまた会いましょう👍

この1週間の【千葉県への歩き旅】を終えて、友達は病院で診察を受けたところ、2週間以上の運動停止を宣告されていました。それだけ過酷だった。その友達は今はもう元気にホームレスやってるので心配なさらず👍

《1週間寒すぎてほぼ寝れず、自分の歩きの限界を何度も突破して、お金もない、寝るところもない、そんな不安を乗り越えた旅でした!》

自分の中で、思いついた事、やってみたい事を考えても、その後すぐに出来ない理由が沢山思い浮かぶ。

こーなったらどうしよう、と不安になる。でもやって見たら、いつもなんだかんだ出来る。心配していた事の9割は起こらない。

2月のの冬空にテントも寝袋も持たず、家を出て、宿に泊まるお金もなく、知らない土地まで歩いて行く。不安にならない訳がない笑。

いつも何か新しいことにチャレンジをする時、ワクワクと不安は同時にあるもの。

でもそのどっちを見て進むかは自分で選べる。何かやりたい事があって、不安な方ばかりに目を向けて動けなくなるのか、ワクワクを見て、好奇心に身を任せるのか、それは自分で選べる。だからいつでも、今にワクワクして生きる事ができる。そう、《なんだかんだ出来る。》そんな自信を貰えた旅でした。

自分の思いついたやってみたい事、出来るかどうかなんて分からないしそんなに自信もない。でも目の前の小さなやってみたい事を達成して行くうちに、《なんだかんだ出来る》という自信を手にすることができました。目の前の小さな、やってみたい事、それが大切で、今にも繋がっています。

この旅を終えて、その後高校を卒業しました。

そして卒業式の次の日から、ヒッチハイクで日本一周に出ました。そこで色んな人と出会い、色んな経験をし、人生を変えるキッカケになりました。読んでくれてありがとうございました。また次回の記事で👍