旅人ハルキ

嶋津晴暉。高校卒業式の次の日からヒッチハイクで日本一周へ出発。2年間の放浪旅。世界中を旅する旅人に憧れた少年の旅日記です。

−初めてヒッチハイクした日−出会いと成長の旅

当時17歳、高校3年生のGW休みを使って、地元の友達と2人、また旅に出ました。

目的地は伊豆半島の最南端石廊崎まで、180kmの道のり5日間の予定でした。今回は自分の中でチャレンジしたい事がありました。

それはヒッチハイクです。

なぜ突然思いついたのかは思い出せませんが、やってみたくなりました。

歩けるとこまで歩いて、辿り着かなかったらヒッチハイクをやってみよう!という計画で出発しました。 f:id:journeyharuki:20170709232052j:image出発の時、とてもワクワクしてました。 

前回の反省を活かして、今回は靴を買いました。そして1日目からかなりの距離を歩きましたが、足は全然疲れてませんでした。

そして最初の夜、もちろんお金も寝るところも無かったので、公園で野宿。よし、寝ようと思ったが、5月といえど寒すぎて寝られない笑。

コンビニでダンボールを貰い、再び公園へ、

f:id:journeyharuki:20170715230958j:image

いやいや、寝られないよ。寒くて寒くて。旅は過酷だなぁと当時の自分は思っていました。

結局、寝ずに出発!f:id:journeyharuki:20170715231014j:image

f:id:journeyharuki:20170715231039j:image

[東京から歩いて海に行く!]と言うと、出会う人は皆ビックリしていました。その反応が楽しかったり嬉しかったり。

「あっちが海か!?向こうに海を感じる!」と疲れながらも楽しんで歩き続けました。

2日目で70㎞を突破。前回はこの頃には足が崩壊してました笑。話して、歌って、会話が尽きて最後に行き着く終点が「しりとり」そんなこんなでひたすら南に歩き続けました。

f:id:journeyharuki:20170715231107j:image90㎞突破!そしてついに、海に出ました!

2人とも目が開いてない笑。3日目になり、一気に体の疲れが出ました。目的地はまだ遠い。このままでは間に合わない。途中で帰るか、このまま進むか。選択は進むでした。

そしてここからヒッチハイクに挑戦!!

f:id:journeyharuki:20170715232253j:image人生で初めてやるヒッチハイク。全く分からない。

《どーやってやるんだ?とりあえず道路脇に立ってみるか。》そして看板を掲げた、。恥ずかしい、。当時の自分の感想はこうでした。

【こんなんで本当に止まるのか?そもそも今時ヒッチハイクってなんだよ(ーー;)あー恥ずかしい】と色々考え出した瞬間!一台の車が自分達の横で止まりました。

え?止まった??

やり始めて5分も経ってません。疑いながら近寄って行くと、元気なお母さんが、[そこに行きたいの?乗ってきな!]と言ってくれました!

おお!ヒッチハイク成功した!!

まさか本当に出来るなんて!!この時の感動は忘れられません!車の中で色んな話をしてくれました。

『自由と自分勝手は似ていて全然違う』人は他人に迷惑をかけない中で自由。

今でも覚えているこの言葉。とてと勉強になる話をしてくれました。これが出会いか!

そして2台目。運命の出会いがありました。

雨も降ってきて、(こんな濡れた人を乗せてくれる人はさすがにいないかな。今日も寝れなそうだ。)と思いながらもヒッチハイクをしていました。すると一台、目の前に止まってくれました。

その方の優しさは女神様でした。

《東京から来たの?こんな雨の中偉いね。今日寝るところは?よかったらうちに泊まって行く??》

え!?いいんですか!??

疲れが限界だった自分達にはこんなに嬉しい言葉はありませんでした。図々しくもお邪魔することに。

(すげー!リアル田舎に泊まろうだ!)とテンションMAXでした。

家に着くなり、布団を敷いてくれて、風呂を沸かしてくれて、ご飯まで作ってくれました!

(人ってこんなに優しかったんだ。)ここまで人の温かみを感じたのは初めてだ。と思いました。

《記念にサイン書いて!》と言われ、画用紙にサインを書かせてもらいました。《すごい記念だよ!ありがとう!》と女神様は笑っていました。

その画用紙は今も額に入れて大切に飾ってくれてるそうです。

そして次の日の朝、出発の時。

「本当にお世話になりました!最終目的地を目指してさらに南に進みます!ありがとうございました!」すると

《これ持ってって!お腹が空いたら食べてね!》 と、おにぎりをくれました。なんて優しいんだ!

泣きそうなりながら感謝の気持ちを噛み締めて、また出発しました。

その後もヒッチハイクを続けて、

f:id:journeyharuki:20170717184013j:image

伊豆、下田というとても海の綺麗なところに着きました。

あの優しさと温もりを思い出しながら、そこで先ほど頂いたおにぎりを食べました。再び感動してしまいました。

f:id:journeyharuki:20170715232406j:image

その後も石廊崎へ向けてヒッチハイク👍とんでもなく疲れた顔をしてる笑。ラストスパート!

f:id:journeyharuki:20170715232423j:image

そして無事、今回の目的地である、

伊豆石廊崎に着きました!!✨

f:id:journeyharuki:20170715232629j:image

すごい旅でした。ヒッチハイクを初めてやって、色んな人と出会えました。まさに出会いと別れの連続。今までの人生の中で間違いなく一番濃い5日間でした!

旅をすると、特にヒッチハイクは、普段会うはずの無い人と会える。普通に学校に通っていては出会うはずもない人たち、そんな色んな人の話が聞ける。とても貴重な話です。自分にとっては、学校で教えてもらうことよりも、大切なことが学べる。そう思いました。

そして経験、この濃い濃い経験は一生覚えているでしょう。普段学校で過ごす5日間など、全く覚えていないけど、この5日間は一生忘れません。出会った人と話したり、歩いてる途中にご飯をくれる人や、応援してくれる人がいたり、初めて会った人の家に泊めさもらったり、ところてんの作り方を教えてもらったり笑、どれもが忘れなれない貴重な経験でした。

17歳の時の思い出でした。この旅も一生の思い出です。

そして次の日から学校!電車で直帰しました笑。なんとか学校にも間に合って、
「え!?お前なんでいるの!?てかやべーな!何やってんだよ!」とみんなの反応も楽しかったです笑。

この頃には高校を卒業したらすぐ、日本一周をしようと決心していました。そして冬休み、日本一周前の最後のトレーニングにでました。

『高校3年−日本一周前の最後のトレーニング−100㎞歩いて鋸山を登頂』

真冬にテントも寝袋も持たず、3日で100㎞を歩いて、鋸山を登山。その後ヒッチハイクで帰宅。1週間寒過ぎてほぼ寝れず、修行の旅でした。運動不足の友達は帰宅後病院に行き、医師からしばらく運動停止を言われるほど、足に限界が。過酷な旅でした笑。また次回の記事で👍