旅人ハルキ

高校2年生の時に見た1本の映画をキッカケに家を飛び出し、ヒッチハイクで日本を一周。そのまま海外にも飛び出し自由気ままな放浪旅へ。

最終話〜東京から歩いて大阪へ。

‐前回の記事‐

 

journeyharuki.hateblo.jp

 

第8話〜登頂と気づき

大阪に着いた証に県境にある標識と写真を撮ろうと話していたが、気が付いたら大阪の中心街だった。

 

パッとしないゴールだったので大阪駅を目指した。

 

そしてついに到着!!

 

めちゃめちゃ感動すると思っていたが、

割とあっさり「おつかれ~」で終わった。

 

大阪駅の前で国道1号線が2号線になった。

1号線は大阪駅で終わってる事を知った。

 

大阪城へ。イベントに参加。

 

f:id:journeyharuki:20190417171744j:plain

大阪に着いたタイミングで友達がイベントをやっていたので参加することにした。

 

クレイジーな旅人が沢山集まっていた。

 

僕も東京から歩いてきたことを言うと、

なかなか会話になった。

 

もちろん僕より頭のネジが吹っ飛んでる人は沢山いたが。

 

「東京から歩いてきたんだって!?」

 

「君どんなエグい足してんの!?

   どれ見せてみ!?」

 

、、、「なんや普通やないかい!!!!」

って乗り突っ込みはほぼ全員からくらったが、

とても楽しかった。笑

f:id:journeyharuki:20190417171830j:plain

 

帰りはヒッチハイクをした。優しい人たちのお陰で1日で東京に戻ってくることが出来た。

 

f:id:journeyharuki:20190417171859j:plain

 

17日かけて歩いた景色が数時間で過ぎていく。

色んな瞬間がフラッシュバックした。

 

 

f:id:journeyharuki:20190417171953j:plain

優しくしてくださり有難うございました。

お陰様で無事に旅を終えることが出来ました。

またどこかで繋がれたら面白いですね!

 

 

こうして計20日間の旅は終わったのでした。

一生の思い出が出来ました。

 

 

当時の日記ー

(日本は小さい!こんな狭い世界で生きるなんて嫌だ!早く海外に飛び出したい!と思っていたけど、日本のデカさを実感した。それと同時に世界はなんて広いんだ!ってワクワクした!)

 

こんなことを感じていたんですね。

 

以前マレーシアで出会った自転車で世界一周していた人はこんなことを言っていました。

「地球ってちっちゃいよなー。だって自転車で一周出来ちゃうんだもん。」

 

僕とは真逆な見解ですね笑。

 

僕も地球規模で物事を捉えられる人間になりたいと思います。

 

この旅のタイミングで熊本で地震が起こりました。僕は、「なんでこんなことに体力を使っているんだ!どうせ疲れるなら人の為に疲れよう!」

と思い、東京に着いたすぐに今度は熊本に向けてヒッチハイクで出発しました。

 

 
お互いの歩幅がある。

誰かと共に行動するならば、完全に自分のタイミングでは動けないのは当たり前。

 

トイレ行きたいタイミングも違うし休憩したいタイミングも違う。

 

自分は歩きたい。

でも相手は足が痛くて休みたいと言っている。

それなら公園でゆっくりしようとか。

辛いけどもう少し頑張って進もうとか。

 

1人のように自由に行かず、お互いがある程度妥協しなきゃいけない場面がある。

 

 

"自由"という言葉を皮切りに、自分の好きなことをやって生きよう!という考えをよく聞くが、

好きなことだけをやっていくのとはまた別の話。

 

誰かと共に生きるなら、

必ず助け合う必要があるから。

合わせるべき場面がある。

 

たとえそれが自分にとっては都合がよくないこと、嫌な事でも。

 

 

高校生の時、

初めてヒッチハイクで乗せてくれた人が言ってた。

「自由と自分勝手は似ていて全然違う」と。

 

たとえそれが自分にとっては都合がよくないことや、嫌なことでも、誰かと生きているなら合わせるべき場面がある。無論、僕は1人で生きてる人間などいないと思うのだが。

 

自由と自分勝手は似ていて全然違う。

そんなことを再確認できた旅でした。

 

 

全てに感謝。

読んでくださり有難うございました。

自分ではない何かの力

‐前回の記事‐

 

journeyharuki.hateblo.jp

 

第7話〜運命の再会〜

 

出発の朝。

今日が最終日になるだろう。

 

琵琶湖を出発した僕たちは今日中に大阪に着くことを確信していた。今までの経験でその距離は一日で歩けることを知っていたからである。

 

「お世話になりました!!」

今日も快晴だ。

またいつか会えることを楽しみにしています。

 

見慣れた大きな荷物を背負い、

京都に向け出発した。

 

今までのような山道はなく、人通りも多かった。

そして午前中のうちに京都に着いた。

f:id:journeyharuki:20190417121644j:plain

「なんだあのでっかい鳥居は!?」

もうゴールを確信した僕たちはせっかく来た京都を観光することにした。

 

平安神宮

f:id:journeyharuki:20190417121732j:plain

伏見稲荷大社、千本鳥居。

f:id:journeyharuki:20190417121802j:plain

f:id:journeyharuki:20190417121826j:plain

圧倒的美しさだ。

 

京都は観光の人が多すぎて、

大きな荷物を持って周るのは大変だった。

 

京都の三条大橋に向かう。

 

ここがずっと歩いてきた東海道の終着点であり始まりである。昔の人はここから東京日本橋まで約500の道のりを、僕らが通ったこの道を使って歩いていた。

当時の人も15日前後だったらしいが、

らも17日だったので大して変わらない。

 

一応三条大橋には行ってみたが、大した達成感は得られなかった。次は大阪に向かうからである。

 

そして僕はここで運命的な出会いをすることになる

 

京都の三条大橋を後にした僕たちは、

そのまま川沿いを進み大阪を目指した。

 

しばらく進むと前から自転車に乗った

3人組が向かってきた。

 

道が狭いので譲ろうと端によると、

そのうちの1人の男性と目があった。

 

どこかで見たことあるような。。

 

すると彼は自転車を止め、

「ソウジロウ君??」と話しかけてきた。

 

(誰やねんソウジロウ君って!名前の間違え方クセ強すぎるやろ!)って思わず突っ込みそうになったが、

 

「いや、ハルキです。ソナムくんですよね?」

僕ははっきり覚えていた笑。

 

 

彼とは1年前僕が初海外でタイのチェンマイにいた時、同じ宿になって1日だけ行動を共にした。

 

彼は既に世界中を周っていて、旅にはだいぶ慣れた様子だった。何も分からない僕に自分の経験や色んなことを教えてくれた恩師である。

 

タイを縦断していた僕は、次の日に南へと旅立った。彼の行き先はニュージーランドだかカナダだか忘れたが、もうしばらく日本には帰っていないようだった。

 

 

あれから1年以上経ち、

彼が京都のこの細い通りに突然現れた。

「どうゆうこと?」僕の頭は停止した。

 

「ハルキ何してるの?」と聞いてきたので

「東京から大阪まで歩いていて、

今京都を通過したところだよ。」

 

すると彼は「へ~。」と興味なさそうな返事をした。

 

「ソナム君は何やってるの?」と聞くと

「妹が結婚することになって、3週間だけ日本に帰ってきたんだよ。それで暇だし京都でも観光しようかなーっと思って自転車借りて来たら君がいた。」

 

「そーなんだ~。」と返事はしたが、

やはり不思議だ。偶然にもほどがある。

 

何兆通りある中から

今日この時間にこの通りを選ぶなんて、、

 

「じゃ~ね~。」

1分ほどの会話だった。

そして僕はまた大阪を目指した。

 

 

 

追記-

旅をしていると、自分の努力ではどうにも起こせない奇跡が起きることがある。

 

めちゃめちゃ悩んだ末に意を決した進んだ道なのに、待ってましたと言わんばかりに物事が進んでいくことがある。

 

自分とは別の、何か大きな枠組みで人生が動いている。という感覚に陥ることがある。

 

 

スピリチュアル的な解釈では、突然の再会は、もっと中が深まる前兆か、永遠の別れかのどっちからしい。

 

解釈は自由だが、僕の場合は本当だった。

 

 

彼はこの数ヶ月後、海外で犯罪に巻き込まれてしまい、天国へと旅立った。

 

人はいつか死ぬけれど、あまりにも早いと思ってしまった。感情を吐き出せばキリがないですが。

 

ありがとうソナム君。死ぬまで忘ず、

この出会いを次に繋げていきます。

 

 

 

あれはさよならの挨拶だったのかな。

 

会いに来てくれたのかな。

 

誰かが会わせてくれたのかな。

 

としたらあの会話で何を伝えたかったのかな。

 

 

 

不思議なことは確かにある。

そう思わずにはいられない出来事だった。

 

 

次こそ大阪に辿り着く。

出逢いは天からの贈り物。

 

―前回の記事―

 

journeyharuki.hateblo.jp

 

第6話~忘れられないプレゼント~

 

滋賀県といえば、琵琶湖がすぐに思いつくだろう。

国道1号線沿いを歩いていればいずれ通る。

 

そしたら今日は琵琶湖の前でテントを張って

野宿をしよう!と計画していた。

 

今日はそんなに歩く距離が無いから

ゆっくり歩ける。

 

朝飯をパンで軽く済ませ

今日も朝から元気に出発。

琵琶湖が目の前に現れるのを楽しみに歩く。

 

道路の標識で大津市が近いことを確認する。

そろそろ着くかなと胸が高鳴る。

 

そしてあっという間に大津市に到着。

 

「あれ、琵琶湖は?」

 

「もしかしてさっきの?」

2人で首をかしげて引き返す。

 

そして地図で確認。

 

「これだ。。」

 

そこにあるのは川のように細い琵琶湖だった。

普通に川かと思って橋を渡っていた。

 

1号線って琵琶湖をギリギリかするぐらいで、

見えたのは一番下の端っこだけだった。

 

「これじゃいつもの野宿と変わらない。」

想像していたのとだいぶ違った。

 

開けた砂浜で、デカすぎて反対岸が見えない

海みたいな景色でテントを張りたかった。。

 

橋の横の階段に荷物を下ろした。

 

まだ日はだいぶ高い。

今日はここで寝てもいいが、

なんともパッとしない。

 

もう少し進むことも考えたが、

この先は建物が増えそうなので

この辺で野宿をすることにした。

 

最高の出逢い

 

想像していたような野宿にはならなかった我々は

少ししょんぼりしていた。

 

日が暮れ始めて、そろそろ夜ご飯を買って

寝床を決めようとコンビニにいた。

 

するとココリコの遠藤似のお兄さんが話しかけてきた。

「何してるの?」

 

大きな荷物を背負って、今コンビニで貰った

寝る時に敷く用の段ボールを数枚小脇に抱えていた。

「歩いて大阪を目指してまして、今から寝るところです。」

 

「え!?歩いて大阪行くの??」

 

「どこから行くの??」

 

「もう東京から歩いてきたの!!??」

と何度も驚く姿が面白かった。

 

段ボールを抱えながら話す姿は

突っ込みどころが満載だったんだろう。

 

お兄さんは聞きたいことが沢山あったようで、

今日家に泊まってもいいと言ってくれた。

 

「いいんですか!!?」

 

お言葉に甘えて、段ボールをまた返して

彼の家に向かった。

 

 

「着いたよ」

と案内されたのは坂を登った上にある

綺麗なマンションだった。

 

エレベーターで上がっていく。

 

「え!?最上階ですか!??」

 

なんと着いたのは丘の上の琵琶湖が一望できる

マンションの最上階だった。

 

家に入ると、奥さんと可愛い子供たちが迎えてくれた。

綺麗なリビングに案内される。

 

 

先日温泉に入っておいてよかった。。

多少臭いかもしれないが、少しはマシな方だ。

 

子供たちは大きな荷物に興味津々。

あいさつ程度に話を済ませ、シャワーを借り、

比較的清潔なシャツに着替えた。

僕はテラスからの景色に興味津々。

 

 

するとビールを持ってきてくれ、

乾杯しようと言ってくれた。

 

感謝の気持ちでいっぱいだった。

 

テラスに座りみんなで乾杯した。

目の前には琵琶湖と滋賀県の夜景が広がる。

f:id:journeyharuki:20190411222311j:plain

僕が与えられるものはとても少ないけど、思い出せる限り旅の楽しい思い出を話させてもらった。

 

とても楽しい時間だった。

 

暖かい布団も用意してもらい、

もう疲れは全くなくなった。

f:id:journeyharuki:20190411222355j:plain

 

琵琶湖見たいね。なんて話していたら、

100倍返しの出逢いがあった。

 

なんて贅沢な経験なんだ。

 

温かく迎え入れてくれた彼らに心から感謝し、

同時に神様にも感謝した。

 

 

以前神津島にいた時に出会った

ブラジル人の旅人の言葉を思い出す。

 

「神様は自由な人に優しい。」

 

自分の心に素直に生きてると、

神様も喜んでプレゼントをくれるんだ、と。

 

一生忘れられないプレゼントになりました。

400㎞突破!ゴールが見えてきた。

‐前回の記事

journeyharuki.hateblo.jp

 

第6話~逞しさ~

旅の終わりが見え始めたからか、

足取りも軽く朝から快調な歩き出しだ。

 

昔の旅人たちに思いを馳せながら、

順調に東海道を歩いていく。

昔の旅人はこんな格好をしていたんだなぁ。

 

f:id:journeyharuki:20190410145701j:plain

3日目から痛み出した足も、

10日も過ぎればいつしか気にならなくなっていた。

体の適応力はすごい。

 

もう山越えも野宿もなんのその。

 

危ない夜も何度かあった。

その日は公園か河原で寝る事で迷って

公園で寝ることにした。

 

公園の大きな木の下でテントを張って寝ていると、

夜中に凄まじい雷の音で起きた。

強風と大雨でテントは浸水。

飛ばされないように抑えるほどだった。

雷が凄かったで、もし木に落ちたら危ない

と思いながらも疲れて眠ってしまった。

 

朝、川沿いを歩くと、

昨日寝るはずだった場所は水の中だった。

選択を間違えば大惨事だったかもしれない。

 

またある日、大雨の夜大通り沿いを歩いていると、気が付かない間に歩行者進入禁止のバイパスに入っていた。

 

だんだん歩道が無くなり

縁石の上を歩いて進んでいると、

気づいた頃には高速道路のようなスピードで走る

トラックが横数十㎝を通過していた。

 

真ん中を歩いていたので、前からも後ろからも

大型トラックが猛スピードで突進してくる。

大雨も降っていたので、

リアルスプラッシュマウンテン状態だった。

 

隙を見て道路を横断。

山の斜面から下道に脱出した。

 

 

丸い日食料調達が出来なくても

雨でも嵐でも

僕らは野を越え山を越え

毎日3040を歩き続け

気づけば400を突破しようとしていた。

f:id:journeyharuki:20190410145731j:plain

f:id:journeyharuki:20190410145806j:plain

愛知、三重をさっと越え、

滋賀県に差し掛かっていた。

 

霧に満ちた壁みたいな山々が立ちはだかる。

あの山の向こうにかつて忍者の里、甲賀はあった。

忍者が出てきても不思議ではない雰囲気があった。

ここから登山道のような道になる。

f:id:journeyharuki:20190410145840j:plain

山の中は車道沿いを歩けない道が多いため、

何度も道を間違えては引き返し

山を登っては降り

なんとか日が暮れる前に甲賀に突入した。

f:id:journeyharuki:20190410145906j:plain

忍者村と書いてある看板が何度か出てきたが、

あいにく立ち寄る気はさらさら無い。

写真すら撮らずに通り過ぎていった。

 

 

f:id:journeyharuki:20190410145931j:plain

甲賀の山の中にて。すでに400を歩いてきてる

彼の後姿は忍者さながら逞しくなっていた。

果てしなく思えた旅も終わりが見えてきた。

 

次は琵琶湖を目指して歩く。

愛知県に突入。歩行距離300㎞を突破!

 

‐前回の記事‐

journeyharuki.hateblo.jp

 第5話~癒しと苦痛~

 

東海道に入ってから昔の雰囲気が残るいい街並みが増えてきた。

こうゆう町並みは歩いてるだけで楽しい。

自然と会話も弾む。

 

昨日柔らかい砂浜で寝たからか、気持ち的にも身体的にも回復した。

朝から快調な歩き出しだ。

 

今日は天気がいい。

海沿いの古い街並みを見ながら東海道を歩く。

f:id:journeyharuki:20190408104651j:plain

 

 目の前の山が現れては消え、

消えては現れる。

一日の始まりに遠くに見える山が、

気づいたら目の前にあり、

夕方には後ろにある。

そしてまた次の山が見える。

あんなに遠くの山越えられるのかよ、

と2人で話していても、

夜には越えている。

そんな一日を繰り返していた。

―当時の日記。詩人風に。

f:id:journeyharuki:20190408105117j:plain

 そろそろ静岡県を越える。

東西に長いから時間がかかった。

その先は愛知県だ。

 

名古屋に着いたら温泉に入ろうと2人で決めていた。

それを楽しみに歩く。

後一つ山を越えたら名古屋だ!

f:id:journeyharuki:20190408105720j:plain

海と山の気持ちがいい道を歩く。

大通り沿いは退屈だが楽でいい。

 

突然歩道がなくなり、歩行者が通れなくなる道はよくある。

そんな時は脇道を探さなきゃいけない。

 

何度も行ったり来たりを繰り返す。

山道は楽しいが疲れる。

f:id:journeyharuki:20190408111325j:plain

 気が付くとだいぶ上の方まで登っていた。

下を走るのが国道1号線と東名高速道路だ。

 

何百㎞も歩いて来てるが、

今日は登山の一日になりそうだ。

 

いくつもの名も無き山を登頂しながら、

ゴールである大阪を目指した。

 

異彩を放つ鳥居

朝から入った山を抜けて

開けた街が見えた頃にはお昼を過ぎていた。

どこか飯が食える場所があるか探しながら、

再び国道1号線沿いを歩いていた。

 

すると右側の道の奥に、ちらっと鳥居が見えた。

とくに観光にも興味が無いしお腹も減っていたので、

真っ直ぐ通り過ぎた。

 

だが無性に気になってしまい、

ちょっとだけ見てみようと次の角を曲がり、

鳥居の方に進みだした。

 

その辺り一帯が森になっていた。

 

近づくにつれて周りが木に囲まれていき、

先ほどまでの街の雰囲気から変わっていった。

登山でベタ付いた体が涼しく癒されていった。

f:id:journeyharuki:20190408112411j:plain

 

愛知県、熱田神宮に到着。

 

f:id:journeyharuki:20190408105241j:plain

 

鳥居をくぐった瞬間、空気が一変した。

山とは違う自然の美しさがそこにはあった。

 

とても神秘的な場所だった。

 

歴代の数々の有名な殿様たちも訪れていた記録があった。あの織田信長も。

ここにある歴史の長さを感じながら、

しばらく休憩をとった。

 

念願の、温泉に入った。

熱田神宮を後にして、さっそく温泉を探した。

ネットで近くにいい感じの温泉が出てきたので、そこに向かうことにした。

ずっとウキウキしていた。

 

それまでは寒い中公園の水道で水浴びをする毎日。

そして疲れ果てて寝る野宿。

だから温泉に入ったときは天国でした。

実に10日ぶりのお湯。

温かい。

 

体が芯から温まった。

この旅最初で最後の温泉。最高でした。

 

 

そして旅も折り返し地点、

気が付けばすでに300を歩いていた。

ゴールまで後200!ついに半分を越えた。

 

温泉を出た時、とても体が軽く感じた。

気持ちもスッキリした。

そして今日の寝床を探して温泉を後にした。

今日は川沿いで野宿。

温泉上がりの野宿。

また少し気が重くなった。

「ベッドで寝たい。。」

つい弱音が出てしまう。

そして今日も当たり前のように空の下で眠った。

 

f:id:journeyharuki:20190407190858j:plain

 

100㎞突破!東京から歩いて大阪を目指せ。

‐前回の記事‐

 

journeyharuki.hateblo.jp

 

第4話~素敵な出会い~

 

山あり谷あり、ひたすら歩き続け、話しかけられては「大阪まで歩いてるんです」と自慢げに話し、聞いてきた方々が「えぇ!??」とひっくり返っていた。笑

 

さすがに足も疲れてきて、座って休憩を。

すると足をつってしまって曲げられない。

立っても苦痛、座っても苦痛。

そんなことを何度も繰り返していた。

 

ずっと歩いているので足に血が溜まってくる、道端で逆立ちをしては歩き、座って足をつっては歩いていた。

もういくつの山を越えたんだろうか。

f:id:journeyharuki:20190407190108j:plain

 

道端で素敵な出会いがあった。

コンビニで休憩していると、大荷物を持った我々を物珍しそうな目で見てくる男性が話しかけてきた。

ヒッチハイク?」

「いいえ、東京から大阪まで歩いているんです」

「!?!?」

男性はかなり良いリアクションをしてくれた。

「歩いて!?君たちちょーブッ飛んでるねぇ!」

 

すると嬉しそうな顔をして静岡県を車で案内してくれると言ってくれた。お言葉に甘えて、富士山の湧水が汲める場所や、ご当地名産品を御馳走になったりしました。

f:id:journeyharuki:20190407190321j:plain

そしてまた大通りに戻してくれて、男性は「ありがとう!楽しかった!」と言ってさっさと行ってしまった。

「こっちがありがとうです!!」と大声を掛けた。

とても元気が出る素敵な出会いだった。

 

そしてとうとう、海に出た!

最初は真っ直ぐ南に下って江の島辺りの海に出ようと思っていたが、それでは遠回りなので内陸を通って沼津近くで初めて海に出た。

 

なかなか海に出れなかった分、目の前に青い海が広がった時は素晴らしく感動した。まだお昼近かったが、この日は海で寝ることにした。

今まで硬いコンクリートの上でばかり寝ていたので、柔らかい砂浜が最高に気持ちよかった。

f:id:journeyharuki:20190407190552j:plain

 

この日の夜は最高だった。

柔らかい砂浜で海の音を聞いて、

満点の星空の中でテントを張って、

ゆっくりとした時間を過ごした。

 

触るだけで激痛が走る足を優しくほぐしながら、

遠くまで歩いて来たことを実感した。

 

地元から100を越えていた。

既に達成感に浸っていた。

だがゴールはまだ先、大阪までは後400もある。

俺の足はどーなってしまうのかと不安を感じた、と同時にまたこの日のような夜があることを想像してワクワクしていた。

どんな旅になるのか、

明日を楽しみにしながら眠りについた。

 

f:id:journeyharuki:20190407190858j:plain

柔らかい海の音、

そして日の光、

釣りのおっちゃんたちの話声の中、朝を迎えた。

 

今日も晴れだ!

穏やかで気持ちのいい目覚めだった。ありがとう。

今日も一日が始まった。

今日もまた、見知らぬ街に歩いていく。

f:id:journeyharuki:20190407190948j:plain

 

道のりの長さを実感−忍耐力

‐前回の記事‐

journeyharuki.hateblo.jp

第3話~忍耐力~

今日もひたすら大阪に向けて大通りを歩いていた。

すると目印の看板が出てきた。

 お! えっと静岡まで、、135??

「そんな距離歩けるか!ボケ!」

なんて言いながらも、とにかく歩いていた。

f:id:journeyharuki:20190405171529j:plain

一日中歩いてても、本当にこれといって発見もない。大通りはひたすら真っすぐ歩く。何も考えずにロボットのように歩いていた。

だんだん2人の会話も尽き、お互い完全にロボットになった。初日に「2人でしりとりを始めたらもう終わりだな。会話の墓場だ。笑」なんて話していたが、そんなのはもうとっくに越えていた。気づけばみなと君はだいぶ前を歩いていた。

僕は一人で通り過ぎる車のナンバーを足し算したり引き算したりしていた。

f:id:journeyharuki:20190405172347j:plain

車も通らない山道に入ると、本当にやることがない。

「何やってんだ俺。」って一万回は自問した。

f:id:journeyharuki:20190405190453j:plain

野宿は3回もすれば当たり前になっていた。慣れてくると歩いてる最中に、「あ、ここ寝れるな。」って公園やベンチなどが快適な寝床に見えてくる。

困ったのは雨の日や山の中だ。雨の日はとにかく寝床を探すのに苦労する。晴れていれば何の問題もなく寝れる場所でも、雨だとそうは行かない。夕方から雨が降り始めるとほんとに萎えた。うまいこと屋根があって雨をしのげる場所を探さなきゃいけない。歩き疲れた足で寝床を探すのは気がめいった。川沿いの橋の下などは比較的落ち着いて眠れた。雨は防げるし都会にいる変なヤンキーも来ない。

f:id:journeyharuki:20190405171621j:plain

山の中でも困った。東京から神奈川、そして静岡に入ると、信号もない山道が増えてきた。まる一日コンビニもスーパーも無い山の中を歩くことはよくあった。そうゆう時は山に入る前に買いだめをして朝一番で山に入って、なるべく暗くなる前に山を抜けるようにしていた。夜になると街頭も無いし車も通らないから何も見えない。それにイノシシやらサルやら、最悪の場合クマもうろうろしている。単純にそんな環境では落ち着いて眠れない。出来るだけそれは避けるようにしていた。

f:id:journeyharuki:20190405171713j:plain

 カンカン照りの暑さの中でも、前が見えないほどの雨の中でも、僕たちは毎日、とにかく歩いた。

f:id:journeyharuki:20190405171746j:plain

そして静岡県に入ったころ、国道1号線沿いを歩いていた。そして気が付いた。この国道1号線は、なんと大阪駅の前まで繋がっているということを。

そしてこの道を東海道ということを。この東海道旧東海道沿いを歩いていけば、京都の三条大橋まで行くことができる。そう、あの有名な東海道五十三次だ。浮世絵のやつです。僕はこの旅に出るまでその存在自体を知らなかった。(笑)

昔の人は実際にこの道を通って京都から東京まで歩いていたんだと思うと尊敬の念が沸いてきた。そして自分たちにも出来るという自身が沸いてきた。−続く

f:id:journeyharuki:20190405185026j:plain